2021/02/15

今年一番のニュース

 嫌なニュースが続いています。そんな中、今年一番嬉しいニュースと言えば、WOWOWがチャンピオンズリーグ(CL)の放映権を得たというコレに尽きます。ダゾーンが根こそぎコンテンツを持っていきながら、軽く手放してしまうことで途方に暮れた数ヶ月。最高峰のフットボールが観られないというこんなザマは、どの国にもたぶんなかったでしょう。

 

 希望としてはスカパーかWOWOWでという希望がありました。なぜかわからないのですが、スポーツに限ってはオンデマンドで観る試合は内容が入ってこないんですよね。記憶にあまり刷り込まれないという感じです。年齢的なものかもしれませんが、それは今後証明されます。私の耳にはCLの権利がという話だったんですが、我らがユナイテッドがいるヨーロッパリーグも放送されるとのこと。これは以前放送されていたときと違う、嬉しいアップデートです。

 

 さて、そのCLの状況ですが、これがワタシ的にかんばしいものではありません。4チーム決勝トーナメントに進んだものの相対的にリーガの力が弱まっている感がいないめません。バイエルンもどうもディフェンスライン裏が不安定。どうしてこういう見方になるかというと、マンチェスター・シティだけには獲ってもらいたくないタイトルなんで、プレミアで独走していることから対抗馬として、他国の強豪チームに思いを託したくなります。

 

 産油国がチームを運営しているような、シティやパリは応援する気が起きないのですが、シティに勝ってくれるならパリを応援します。

| | コメント (0)

2021/01/06

2021年

 あけましておめでとうございます。お正月はスポーツを見て、スマホゲームをして、アニメ鬼滅の刃をようやく見終えたという過ごし方をしてました。鬼滅の刃は放映当時からなんとなしに録りためていて、10話くらいまで見ていたものを1年以上あいてようやく最後までという感じです。これで「全集中○○の呼吸」が使えるようになりました。

 

 「全集中」ですべった菅総理は、〇〇の部分をちゃんと入れないから駄目なんだと思います。「ガースー」もそうですが、面白いことを言いたい人ということはよくわかりました。ただあなたの周りには気を使って笑う人ばかりで、国民の前だとつまんない人なんだよというのを肝に銘じるべきなんだなと思います。いや、これは自分にも言えることで、立場が上がる勝手に下駄を履かされるんですよ。寂しいですが。全集中携帯電話値下げの呼吸くらい勝負してくれても良かったのでは。たぶん私は叩いたでしょうが。

 

 ということで先の見えないコロナとの戦いはまだ続きそうで、先行きは暗いばかりです。例えいますぐにコロナがなくなったとしても、経済が戻るとは思えません。インバウンドでだいぶ恩恵を受けた北海道は今後外国人をどう受け入れていくかという問題もあります。すぐにでも戻ってもらい人と、感情的に受け入れられない人が出てくるのではという危惧もあります。これは自分が海外に行った時も含めてですね。するとしばらくは国内のみなのかという寂しい気持ちにもなりますが、一方で今まで色々行っといて良かったなという運の良さも感じてたりします。

| | コメント (0)

2020/12/31

けじめ

 たいへんご無沙汰しております。頭の片隅にこのブログが有ったのですが、どうしても手に付きませんでした。今年の初頭にオリンピックが終わるまではこのブログを続けようと意気込んでいましたが、コロナ関係で嫌なことが続いてここに書くのも嫌になってきたのもあるし、あえて無視するのもおかしいと思ったら、放棄していましたね。

 

 今年は社会人になって初めて、スポーツ観戦ゼロの一年でした。野球なりサッカーなりで徐々にお客さんを入れていますが、やはり人の声がないスタジアムは魅力が半分以下に感じてしまいます。おそらくマスク生活は続くこととなると思いますが、元のスタジアムの形には戻ってもらいたい。

 

 旅行もしばらくぶりぐらいに行きませんでしたが、毎週出張に出てホテルに泊まっているので、どこも行けなかったなぁという感じにはなっていません。GOTOを利用して年末年始は鹿児島でゴルフをしようと思っていましたが、例の方針によりキャンセル。本当に残念。11月くらいに感染者が増えそうだなってときに、もっとやりようがあったと思うのですが、どうも新政権は前政権同様に自己批判の意識が薄いようです。とはいえ今年の年末はものすごい寒波で、行かなくて良かったかもと思えるくらいの天気でした。

 

 こんな中でありますが幸い仕事の方は、他の業種に比べると大変とは言えないくらいの状況で、辞めないとならないとか、お給料が減らされるとか、当面は無いと思います。たぶん。私が仕事上で無駄だと思っていたことが、忘れているかもしれませんが働き方改革元年と相まって、仕事がやりやすくなったと感じています。本当にくだらないことばかりしていました。ただ、今後はいままでやっていたくだらないことが糧となって、仕事に差が出ることとなるのかという気持ちもあるので、まるっきり無駄だったかというとどうなんだろとも思ったりします。少々抽象的ではありますが、まあつまるところ一昔前の部下でのシゴキがどうかってことに、話は似てくると思いますが。

 

 ということで、こんだけ投げっぱなしではありあmしたが、私にとって大事でもあったこのブログのシメにあと数回書かせてもらいます。今年の年末は本当に心から言えています、「良いお年をお迎えください」

| | コメント (2)

2020/03/16

2019年夏のタイ旅行

 旅行記を終わるまでに次の旅行するべからず、と誓ったそれは今はいずこ。夏に行ったタイ旅行のまとめをようやく4travelにアップ。もはや読ませるというよりも備忘録になっています。手を付けてはやめてを繰り返し、半年以上かかっちゃいました。

 

<初日>

https://4travel.jp/travelogue/11539750

 

<二日目>

https://4travel.jp/travelogue/11554665

 

<三日目>

https://4travel.jp/travelogue/11582927

 

<四日目>

https://4travel.jp/travelogue/11583318

 

<最終日>

https://4travel.jp/travelogue/11609653

| | コメント (0)

2020/03/15

ユーロ延期が望ましい理由

 先日、アトレティコが劇的な試合で王者リバプールを撃沈させ、チャンピオンズリーグの厳しさをあらためてサッカーファンに知らしめてくれました。しかし、欧州サッカーもいよいよ佳境というところで、アジアよりも深刻になってきている新型コロナ問題。最後の砦だったプレミアもクローズし、サッカーのない週末が訪れることとなってしまいました。

 

 現実的に今夏開催予定の欧州選手権(ユーロ)は延期することになりそうです。よりによって今大会は、初の開催地が12カ国の分散開催。移動での感染リスクがつきまとい、逆に延期するに十分な理由になりそうな気もします。現在の段階で、今やっているリーグの処置をどうするかがすごく重要になっています。チャンピオンズリーグに関してはどうやら決勝の日時をずらせれない事情があるようで、ホームアンドアウェイをやめようかなんて話も出てきているようです。各リーグでいろいろな案が出ているようです。

 

リーグ延期、最後までやる、ユーロ延期

 これはユーロが1年延期になったときのみできるやり方。5~6月に残りのカレンダーを消化する計画。ユーロがあるとこれもできないが、優勝、降格争い、昇格争いを考えたときに、最もフェアに近いやり方。また、放映権料が最後までやらないともらえない可能性もあるため、クラブ的にもこれがベストかも。

 

この段階の結果で終了、優勝降格有り

 これを選んだ場合、プレミアの優勝はリバプールでいいよねってなりますが、降格ゾーンにいるファンは受け入れられるのでしょうか。セリエもリーガも拮抗した争いを繰り広げているだけに絶対文句が出そう。もちろん放映権料の問題もこれなら出てきます。

 

優勝降格がなし、昨シーズンの順位でCL出場権

 ノーカン。例えばプレミアだと、リバプールの優勝はお預けということ。ヨーロッパのコンペティションは昨シーズンの順によるもので、ユナイテッドやアーセナルはヨーロッパリーグのままということになります。ユナイテッドファン的にいえば、リバプールのプレミア優勝がなくなるので、CL出場権と刺し違えてもこれでもいいという気がします。たぶん、これは絶対無い。

 

前半戦の結果を最終的な順位とする

 ホームアンドアウェイの関係で有利不利が出ているとしたら、前半で区切っちゃおうぜという考え方。リーガの場合、現在で区切っても前後半で区切っても優勝と降格が同じという一見公平そうですが、マドリーやマジョルカあたりは黙っていないでしょう。

 

優勝残留プレイオフ

 上位4チーム、下位4チームで優勝と降格争いをトーナメント方式で決めるという案も出ているようです。

| | コメント (0)

«世論w