« 私のサッカーを見るときのポイント | トップページ | さようなら旭川 »

2013/08/25

前橋育英おめでとう

 今年は波乱でしたが、いい大会だったと思います。前橋育英は高校サッカーでは超強豪のタイガー軍団。それが初出場とは驚きました。そして2年生ピッチャーが良かったですが、親子鷹どころか両親鷹なんだから驚いた。監督の息子が4番で、監督の奥さんが寮母。こんな出来すぎたことがあるんですね。

 この監督は起用法でも好感が持てます。必要最低限の2年生しかメンバーに入れず、基本は3年生。ベンチ外の3年生にも甲子園のグラウンドでノックを打ってあげるそうです。サッカーの前橋育英は、同じ実力なら2年生を使うはずです。一種のセオリーでしょうが、来年にもつながるし、のびのびできるというのもあるでしょう。余談ですが、今年の横浜は2年生中心ですが、来年大活躍をするかと問われたら、そうでもないと思います。

 私は昔よく見た、終盤の思い出作りの代打攻勢って好きです。今大会もどっかであったようですけど、学校スポーツならこれでいいと思います。

 3年生を大事にした監督が優勝ということを聞いて、この記事を書きたくなりました。Osk201308220074


|

« 私のサッカーを見るときのポイント | トップページ | さようなら旭川 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 私のサッカーを見るときのポイント | トップページ | さようなら旭川 »