« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016/11/29

Jリーグチャンピオンシップ 決勝 第1戦

また家本かよ
 Jリーグチャンピオンシップ。楽しみにして帰ったのに、あのPKは無いですわ。あんなジャッジされて、フットボールの醍醐味は無いでしょう。ジャッジもそうですが、大げさに倒れる選手も選手。Jが面白くないという理由は、そこにあるかもしれないということは関係者も考えないとならないと思いますよ。高校サッカーを見ていると、そんなダサいシーンは無いですし、プレミアやリーガでそういうシーンがあったとしても、リーグには他の魅力がたくさんありますからね。

浦和が最も強い
 今年は圧倒的に浦和が強いと思っていましたが、初戦は理想的とも言えるウノゼロ。圧倒的に有利な状況で、埼玉に戻ることになります。ペトロビッチも色々ありましたが、ようやくリーグタイトルを手に入れることができるか。これまでの人選などを見ても、今年はいいと思います。ただ、応援したいかは別。チェ・ゲバラ見ると一気に冷めてしまうんですよね。Skyscraper_cs2016_final1_leftkashim


| | コメント (0)

2016/11/27

第36回 ジャパンカップ(GI)

 好きなG1の一つで、相性も比較的いいジャパンカップ。それにしても海外馬がこんなにも減ってしまうと、なんでこんなんなったのかなと、悲しくなってしまいます。

 一番強いであろう、キタサンブラックはここでは少々本命にしづらい部分があります。差し馬天国の現在の東京が果たして合っているか。よって単穴まで。有馬記念馬ゴールドアクターも中山のほうが良さそうだし、ルージュバックもリアルスティールも距離が不安。ディーマジェスティは出来が気になるの

 難しいなら、人気が比較的薄いところから行きましょうということで、本命はレインボーライン。力をつけているこの秋。イッパツ穴を開けてもらいたいです。

◎⑭レインボーライン
○⑯リアルスティール
▲①キタサンブラック
△③ゴールドアクター
△④ルージュバック
△⑨ディーマジェスティ

| | コメント (0)

2016/11/22

JR北海道

 JR北海道が、先日維持困難路線として13区間を発表しました。私のような全く外野からしたら、維持できないものは、それなりなんですから、バスでも代替でなんとかするべきで、自治体が保有する「上下分離方式」なんて検討するだけ無駄のように感じます。

 先日、日高線沿線のむかわ出身の人に聞いてみたら、地元民のほとんどが鉄道が不要と認識しているようです。どういう人が文句を言っているのかっていうレベルだそうです。

 この話を聞いて私の意見は、「田舎もんがガタガタ言うんじゃねぇ。おめぇらのワガママに税金使えるか」に固まりました。この意見が大方の意見だとも思っています。鉄道ファンに、反対の人がいるらしいですが、コアな鉄道ファンってどこでも迷惑買えているじゃないですか。アイドルが好きな人も、アニメが好きな人も差別はしませんが、鉄道ファンはちょっとあやしい目で見てしまうんですよね。話が逸れますが、ヲタの中での自助努力に期待したいですね。

 JR北海道の路線に関しての方針は、ブレずに頑張ってもらいたいですが、野球部の休部にはがっかりしました。企業チームとしての役割は、北海道内において大きな役割を果たしていたと思います。440億円の赤字に、年間4千万年の経費ぐらいだったら屁でもないような気もしますしね。こういうときにスポーツが犠牲になるのがとても悲しいです。Pr_01


| | コメント (0)

2016/11/21

明治安田J1 2nd 第17節 名古屋vs湘南

 11月3日というのは、これまでサッカーファンの中ではナビスコカップの決勝というイメージがありました。今年のこの日は、J1セカンドシーズン最終節でした。

 崖っぷちの名古屋は、この日がホーム。しかし瑞穂というのがなんとも締まらない。今年を象徴している感じがしました。ワタシ的には、今年豊田スタジアムで観戦して色々なことを感じさせられました。スタジアムは良いけど、駅から遠い。選手はいいけど、監督は悪い。この監督の悪さというのは、中体連のサッカーを見たら感じるものですが、プロの試合を生で見てからは初めて感じたものでした。

 ということで、私は割りと早い段階から降格を予言していました。それだけに、クラブの不幸を喜んで待つわけでは無いですが、「スモールクラブ頑張れ」という気持ちもあり、名古屋落ちろと祈っていました。

 その最終節。開始早々、元レッズの山田直輝のゴールで湘南が先制。ディフェンスに当たってのゴールでしたが、背中を見せながら寄せたら、そりゃあ駄目ですよ。「死ぬ気で頑張る」かどうかは、ここでわかるんですよね。プレミアの一流のディフェンダーは、背けないですからね。これが気持ちを全面に出した闘莉王なんだから、がっかりしますよね。

 3点目の山田のゴールも、その元代表センターバックが掻っさらわれたものから。数日後「2回も苦しませてくれるのか」と言っていましたが、冷静なサッカーファンの多くは実力的に仕方ないと思っているだけに、何を言っているのかという気持ちでしたね。

 その後の解せない監督解任も含めて、名古屋はフロントが弱い。親会社が原因いう声も多いんですね。ただ、戦力が75%くらい維持できたら、難なく昇格できるのでは無いでしょうかね。第二のセレッソにならないことを祈ります。4


| | コメント (0)

2016/11/20

コンサドーレ優勝おめでとう

 Jリーグのレギュラーシーズンが終わりました。

 我らがコンサドーレは、最後バタバタになりながら優勝。ツエーゲン金沢が北九州都の関係で、引き分けでも良かったので、思惑一致の終幕。たくさん入ったスタンドは、優勝を見届けただけというなんとも言えない空気になりましたね。このメンバーが残れば、来季は残留できると信じています。頑張れコンサドーレ。

 松本は前節、あやしいジャッジにも泣き清水に2位を明け渡してしまい、そのまま3居で入れ替え戦へ。清水はテセと大前の協力コンビで、自動昇格を掴みました。一般的にはこっちのほうが残留できそうなのでしょうね。

 北九州は新スタジアムができるのに、あえなく降格。ここ数年の方針の悪さが、結果にあらわれた感じです。監督人事も含めて、今後に注目です。

 ちょっと間があきましたがJ1。今、テレビや新聞、雑誌を含めて、どのメディアもよりも信用できるのが、JスポーツのFootで水曜日を担当しているワッキーのコメント。それが実感できたのは、最終節でした。年間1位が取れなかった川崎の試合では、キーパーがやらかした事もきちんと代弁していました。確かに、あれは酷かった。そして闘莉王についても。

 闘莉王が入って、チームに勢いがつきましたが、それはショック療法的でした。終盤は、ずるずるラインが下がっているのを指摘していたのは、そのワッキーでした。その名古屋と湘南の一戦は明日にまわします。Photo


| | コメント (0)

2016/11/10

一夜明け

 アメリカ大統領戦の結果が出ましたが、mさかとは言いますが、2択だったんでそうれもどうかなという気がします。嫌われ者同士という評でしたが、その中でもすごく好きな人がどっちが多いかという意味では、トランプが勝っているような気がします。インテリ層が、「まともな方を」という消極的な理由でクリントンに投票したとしても、トランプに入れたいとのほうが一票の熱は強かったように思います。

 イギリスのEU離脱に続く、行き過ぎたポピュリズムに社会が飲まれる結果となりました。だからといって、それがすぐにダメになるとは限りません。差別的な考えは個々人でもともとあったもので、トランプが植え付けたものではありません。体現する人が出てきたという意味で、有権者が反応しただけです。ある意味、悪いところを前に出したゆえに、それが逆に抑止となり、善政をする可能性だってあります。今後の政治を見る考えとして、少し興味があります。Fe9437cd


| | コメント (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »