« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月

2018/11/21

ここ最近

ダゾーンのストレス
 今月からダゾーンでのプレミアリーグ観戦に嫌気が差し、J-SPORTを再契約しました。CLのためにダゾーンは解約していないですが、とにかくディレイや画質の悪さ、生観戦感が薄れることのストレスも限界でした。デイリーサッカーニュースfootを見たいのもありました。結論は払った金額分、満足しています。CLがこれからずっとダゾーンだとやるせないんですが……。

GoPro買いました
 先日、楽天でお買い物マラソンがあり、買いたかったものをこの機会にたくさん買いました。スキーウェアに、グローブ、といったものから、コンタクトレンズなどの普段使いのものまで。その中で、ずっと欲しかったGoProを買いました。新作が出たということもあり、来年の海外旅行まで慣れておきたいんで、いいタイミングだったと思います。それにしても、付属品の購入で結構お金がかかります。何よりがっかりしたのが、マイクロSDカードが付属されていなくて、それがものすごく高かったことです。いろいろマイクロSDがありますが、性能を選ぶようです。そんなこんなで、まだ試すことができていません。なんでもいいから使わなきゃ。

山形グルメ
 2月の蔵王旅行で少し頭を悩ましています。蔵王では、玉こんにゃくやジンギスカンが名物らしいですが、山を降りてきてから食べるものに少し頭を悩ましています。米沢牛で有名な米沢市は遠いし、拠点予定の天童で、冷たいお蕎麦が有名みたいなんですが、冬ですしね。そう、そもそも冬なんで旬の山形フルーツをいただくこともできないのです。そんな中、期待しているのが腰掛庵のわらび餅。なぜか、日本屈指の和菓子屋さんが天童市にあるのです。お土産にもなりそうですし、楽しみです。

| | コメント (0)

2018/11/20

大王製紙が終わり②

渡邉彩香
 前半戦の出場権はあるものの、昨日の堀琴音以上と言ってもいい、ツアー5勝の大器。5勝もしてれば立派とも思えますが、海外で活躍できそうと期待するファンも多い。あのフォン・シャンシャンが鈴木愛とともに、海外でやれる日本選手と言ったとか。それだけにシード落ちが不可解とも思えます。

川岸史果
 意外なシード落ちといえば、川岸。まだ老け込む歳ではないし、派手な生活に流される感じもなかったんで意外です。エースドライバー破損が不調の理由とのことですが、松山や小平などたまに聞くこの理由、アマチュアとしてはあまり好きにはなれません。実際そうだったとしてもですね。

原江里菜
 原は予選落ちの少ない選手でしたが、ここ2年は苦しむ姿が目立っています。昨年もシード落ちながら1900万近く賞金をもらっているんで、気を落とさずに活躍してもらいたいです。藍イズム継承者として、応援しています。

下川、吉田、西山、服部
 ちょっと心配なベテラン勢。たまに上位に顔を出しますが、激戦を戦いシードを再び手に入れれるかは、至難の業かと思います。ツアーでまだまだ見たい選手なので頑張って欲しいです。歳を取るとベテランを応援したくなりますね。

 最後に、放映権問題。放映権が協会側にないことは問題で、これまで人気がないときも支えたテレビ局への配慮がどうかというところが論点になっています。テレビ局が持つ大会は放映権付きで、あとは再交渉とするのが流れなんじゃないかと思うんですよね。決裂して、ネットTVや専門チャンネルだけになっても私はいいんですが、どうなんですかね。キー局の立ち位置見たいのがしおめとなっていると思われる現在。この対応で、少しテレビ局の考え方がわかると思います。


 

| | コメント (0)

2018/11/19

大王製紙が終わり①

 ゴールした瞬間、当たったと思いましたが、買っていなかった①②③。なんか流れが悪いです。でも遊びで買った2つが当たったので、被害は少なめ。

 さて、今年の女子ゴルフは佳境。大王製紙でシード選手がほぼ確定。2200万円稼がないと、シードが取れないなんて、バブルともいえる状況ではないでしょうか。厳しさだけが取り上げられますが、逆にシードがなくても2000万くらい稼ぐことがあるんだから夢があると思いますよ。確かに、シードがあれば稼ぎやすい。今回シードダウンした選手らには、復活を期待したいするとともに、私の想いを書きたいと思います。

◆堀琴音
 アマチュア時代から名を轟かせていた選手で、森田遥や柏原明日架も含めてレベルの高い世代だと思っていました。順調に成績を伸ばしましたが、優勝には届かず。畑岡がアマチュアでメジャー買ったときの2位。つまり、未勝利ながら優勝賞金をもらった選手ではあります。

 話は逸れましたが、好きになったのは2014年の大王製紙エリエールレディスオープンでベストルーキー賞で、ナプキンを1年分もらったときの写真。明るくていい娘だなって思いました。応援したい気持ちが決定的になったのは、その翌年のニトリレディースで、初日大叩きした(83)翌日。予選通過の目は正直厳しい状況ながら、誰よりも念入りにパッティングの練習。予選落ちながらナイスラウンドで71の高スコア。スコアボードを持つボランティアに自ら使ったボールを差し出すのを見て、一気に好きになりました。

 魅力は、ケレン味のないスイング。スイングアークが大きく、悪く言えばジュニアっぽい感じがして、体の硬い私からすると憧れのスイングです。どうやら、不調の原因はオフに体を大きくしたことにあるようです。これを聞いて、納得。日本代表で何カ国かと対戦する大会で、あれ?でかくなったんでないか。って思っていましたが、その頃から予兆があったようです。確かに、細さから体力面で疑問視する声をききましたが、やはり体に合っていなかったようです。

 ツアー2勝をあげたが絶不調に陥ったお姉ちゃんもいます。馬ならば早熟血統を疑いますが、そうでない事を祈りたいです。2016年にはニトリで一緒に写真を撮ってもらいました。ずっと応援したいプロの一人です。来年の活躍を期待したいと思います。

| | コメント (0)

2018/11/18

第35回 マイルチャンピオンシップGⅠ

 10月は現地区の洗礼を受けた形で、疲労困憊気味でした。それに伴って、馬券も散々っていう感じでした。

・スプリンターズS ◎ファインニードル 不的中
・秋華賞 ◎アーモンドアイ 的中
・菊花賞 ◎ブライトワンピース 不的中
・天皇賞 ◎スワーヴリチャード 不的中
・JBCスプリント ◎モーニン 不的中
・JBCクラシック ◎サンライズソア 不的中
・JBCレディス ◎クイーンマンボ 不的中
・エリザベス女王杯 ◎ノームコア 不的中

 秋のG1シリーズは1勝7敗。一番悪いのは、JBCが京都でやったこと。これが無ければ、3つ負けを減らせれたのに。マイルチャンピオンシップは◎ペルシアンナイト。相手筆頭はロジクライ。大穴でジュールポレール。

| | コメント (0)

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »