« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月

2019/01/30

センバツ32校発表

釧路湖陵
 釧路湖陵が選抜高等学校野球大会の21世紀枠でノミネートされていました。何もなければ、そろそろ北海道の番って感じだったので選ばれるはずでした。しかし、何かが起こってしまいました。それはまさかの札幌大谷の神宮大会優勝。それに伴い、神宮枠で甲子園の切符を掴むこととなり、北海道にもう一枠増えた格好となりました。しかし、センバツには1県2校までという不文律があります。2017年の上宮太子が記憶に新しいところです。釧路湖陵の関係者だけは、札幌大谷の快挙を喜べなかったのでしょうね。

大阪桐蔭
 近畿大会ベスト8で敗れた大阪桐蔭はボーダー線上でした。結果落選だったのですが、話題性や集客力といったものは考慮に入っていなかった模様。ボーダーにあるのならば、拾っても良さそうですが、批判の少ない方を選んだのかもしれません。ということは正しいってことかも。まあ、市立和歌山のことを考えたら、これで良いんです。

優勝候補
 優勝候補筆頭は星稜でしょうか。札幌大谷、平安、履正社、広陵あたりも候補にあがってきるのでしょうか。注目投手は星稜の奥川くんと、横浜の及川くん。打者は山梨のデスパイネしか思いつきません。すんなり星稜が優勝する大会にはならなさそう。どんなダークホースが出てくるか楽しみです。

| | コメント (0)

2019/01/28

筒香の提言

 筒香が現在の少年野球への提言をしていました。その中のドラマのように高校野球を仕立てることへの疑問があります。これはスポーツ全般にいえることなのですが、メディアの「あおり」が凄い。どうして、素材勝負をしてくれないのかと思う。昨今のテレビがだめだって言われているとしたら、私はその部分だと思います。何もしないことの恐怖なのでしょうか。醜悪です。

 勝利至上主義、球数制限、リーグ制の導入。これらに関しては私はよくわかりません。たぶん、これらが全部通れば、層の厚い強豪校が幅を利かせるでしょうし、私の望む素材の面白さが減っちゃうんじゃないかと。たった一人が甲子園に連れて行くような物語は無くなるかもしれませんね。こういうときは生徒の側から物事を観たいんですが、これが私には全くわかりかねます。

 健康面でいえば、元ジャイアンツの桑田が言っていたのは、スピードガンが選手の方を壊すという話。1キロでも早くしようとするのはスピードガンのせいだと。スカウトの指標の一つであり、スピードを追い求める気持ちは理解できます。これにより痛める肘や肩があるのですね。

 問題がないわけでもない、高校野球の問題。色々意見があるでしょう。ちなみに私は昨年夏のタイブレークによる、サヨナラ逆転満塁ホームランを史上初って行っちゃうことにすごく違和感があります。あれは、高校が有利すぎて即刻やめるべきだと思います。23


| | コメント (0)

2019/01/27

NGT48から思ったこと

 地理がわからない人って意外と多いもので、世の中のニュースをどのように頭に描き、位置関係なくして耳に入ってくるのかちょっと信じられません。たぶん頭に入っていないんだと思います。かくいう私も、旅行をするたびに新しく知ることがたくさんあり、自分の無知をいまさらながら感じたりするものです。

 一方で、旅行をすることによって、いつも以上に耳に入ってくるニュースが印象に残ったりします。大概、何気ないものですが、新潟はちょっと違います。一昨年年末は高齢者夫婦の殺人寺家円が新発田市でありましたし、小2の女の子を殺害した後、線路に遺棄するというおぞましい事件があったのも新潟市。出会い系で金品授受も新潟ですし、最近ではNGT48の暴行事件。古くは監禁事件も新潟でした。

 ネガティブなイメージは新潟県民も多少感じていそうな感じです。治安が悪いと感じている人の割合も増えているようです。

 年末、ニセコのことを調べていると、「ニセコイ実写ひどい」という予測検索がいつも出てきてニンマリさせられました。クイーンの映画をあんなひどい状況で観るなら、ニセコイ観とけばよかったです。ニセコは平和ですね。

 さて、蔵王はと言うと、年末にスキー場で停電が起きてリフトの上で宙吊り状態って事件がありましたね。あれ、これってドンピシャ自分に影響あるやつじゃん。ちゃんと原因わかったのかよ。22


| | コメント (0)

2019/01/20

山形のポテンシャル

 いよいよ3週間後、蔵王に向けて出発します。これまで、3回ゲレンデで滑り、わずかですがスキーに対する体力の準備もできました。初の道外へのスキー旅行に向けて、準備万端です。

 もちろん、楽しみはゲレンデだけではありません。山形の名産といえば、さくらんぼにラ・フランス。お米だったら「はえぬき」と、農業に強いイメージがあります。しかし、果物は旬ではありません。せっかくなので果物を用いたパフェを食べたいのですが、冬季休業のお店があったりとけっこう難しい感じです。

 空港とゲレンデとの距離であったり、将棋の街ということもあり、天童に拠点を置きますが、ここを調べてみるとけっこう良いお店がいっぱいありました。

 『フルッティア』というお店は、パフェもそうですが、フルーツをシロップに漬けた「フルーツポンチッチ」は見た目にもすごく豪華。絶品と評判のわらび餅で有名な『腰掛庵』もあるし、ヤマザキのバナナとクリームのやつの元となったと言われる『山形旬菓詩 武田』も必ず寄りたい。寒かったら考えますが、山形は冷たい肉そばも有名ですが、その名店『そば処一庵』もあります。

 蔵王はまた、ジンギスカンの発祥の地であるそうで、ちょっと道産子として聞き捨てならないところもありますが、食べてみたい。玉こんにゃくや稲花餅(いがもち)も食べてみたい。

 山形はまた、牛肉も有名です。どこで食べても、良いお肉は変わんないってことに最近気づきました。牛肉に関しては今後どこの地域でも飛びつかないことに決めたので、割愛。芋煮を食べたいですが、空港で余裕があれば。

 ちょっと空港を挟んで北上しますが、最上川千本だんごもフォトジェニックで時間が許せば食べてみたいです。とにかくきちんと優先順位をつけないと、やりたいことが多いと感じました。山形楽しみです。

| | コメント (0)

2019/01/14

自分が悪い

 1月4日夜、かねてから観てみたかった、「ボヘミアン・ラプソディ」を観にサッポロファクトリーに行ってきました。年末年始は映画の一本でも観ておきたいもんで、連休の日程的にはこの日かなって感じでした。この決めつけがいけなかった。

 窓口で、チケットを買うときにボヘミアン・ラプソディを指定すると店員から「応援の一枚ですね」と。かなり動揺しました。応援上演というのはなんとなく知っています。アナ雪であったやつで、みんなが歌うもんだから知らないおっさんが怒り出して、台無しにしたという話を聞いたことがありました。

 私の頭は急速に回転します。やめるか、やめないかの2択。これは英語の歌だもん、誰も歌えるわけ無いから、問題ないだろうというもの。絶対歌えるわけない。瞬間的にそう判断し、観ることにしました。

 両隣に誰もいない席を選んでくれたのですが、席につくと間もなく、女子高生と思われる3人組が。みんなオカリナみたいな髪型をしているので、バスケ部かバレー部か。このバカどもが、私のいらいらを誘う。歌っていいというのを喋っていいと勘違いする女どもは、暗くなってもやたらしゃべる。

 ジョークが出れば必ず声を出して笑う。3人揃って笑う。ジョークがわかっていますと、アピールするかのように。鼻につきます。一番腹が立ったのは、シリアスな場面の皮肉なジョークを言ったところ。悲しいはずなのに、バカどももはここでも笑う。もう手がつけれません。

 さて、歌のシーン。これはほとんど、嘘だろっていう連続。We Will Rock Youのズッズッチャのあの足踏みと手拍子。一部がこれをやるのですが、歌が始まるとなぜか二拍子に。リズム取れないならやるなよ。隣の女は「ロッキュー!」だけ歌うし。バカか。他にも「レディオガーガ」と簡単な読める英語だけ歌ったり、We Are the Championsでは、サビから始まるので、けっこう歌うんですが英語が込み入るとフェードダウン。日本人の羞恥心はどこに行ったのか。

 とにかくみんなで無理している感じです。ずっとノリノリでいた、前列の3人組はすごいと思います。彼らが本物だったとしたら、私の周りは「ぶっている」人だらけ。でも、でもです。そんな空間であることは予想できたのに、行った自分が悪いんです。

 帰りに、カップルの男が周りに人が居ようが構わず、雑談するなとか、リズムをちゃんと取れ、とか私が思っていることも彼女にぶちまけていました。ホント、握手しに行きたくなりました。でも、彼らも悪いんです。そんな中に行ったから。

 冷静に考えて、リピーターが多いって聞いているんで、応援上映にはリピーターが多いんだと思います。その人らにとっては、ある程度はしゃぎに来ているし、初見の人なんているとも思っていないのかもしれません。それにカラオケのように歌詞が出てくるので、映画を観るのにもちょっと邪魔です。もう二度と行きません。21


| | コメント (0)

2019/01/03

2019年

 あけましておめでとうございます。大晦日から元旦にかけてニセコにスキーをしに行きました。面白かった反面、体のあちこちに不調をきたし、ボロボロです。太腿の筋肉はめくり上がりそうほど痛かったし、帰ってからは、筋肉痛とともに、四十肩らしき症状が。今年はゴルフを頑張りたいと思っていただけに、悲しいです。

 今年は、ゴルフ、体調管理、語学に3本だてで欲張りに頑張りたいと思います。ということで旅行記を一気に書き上げたのでリンクしておきます。https://4travel.jp/travelogue/11439163

| | コメント (0)

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »