« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月

2019/05/14

チケット問題

 昨日の記事の通り、3回ある週末のうち、2回は東京に行きたい。ただ、どの週末にも見たいものがある。だから抽選次第なのですが、簡単にチケットを売りさばいたりでいないだけに慎重に購入しなければなりません。抽選の結果次第で、旅程を決めます。

 

1回目の週末

 この開幕週は、海の日や体育の日なんかが移動して最も休みが長いですが、球技などはまだ予選段階。ただ新しいオリンピックスタジアムでの開会式は、どの席でも見てみたい。大会通して一番見たいのは、人気のチケットらしいですが、体操男子団体決勝。しかし、これが月曜日の夜。ド平日です。2日有給を取らなければなりません。しかし、月末の週は忙しいから困ったものです。テニス2回戦なんかもいいですね。

 

2回目の週

 大会の真ん中。一番熱いところだと個人的には思います。この週はゴルフ男子や、体操の種目別なんかが見どころ。色んな背景で、8月2日の女子4x100mメドレーリレー決勝で泣きたい。バドミントンもこの週が佳境。やっぱりこの週も捨てがたい。有給のことなんか考えると、最も行きたい週かもしれません。

 

3回目の週

 オリンピックの終わりが近くなり、さみしく感じる最後の週。日曜日は閉会式があります。女子ゴルフもこの週。あとは球技の決勝なんかもありますか。閉会式は、緊張から開放された選手が見れるはず。これは悪くありません。女子ゴルフはトッププロを間近で見ることができていいんですが、どうしても第三希望って感じですね。帰りのことを考えると、日程的に悪くないんですが……。仮に女子ゴルフが買えても、閉会式が当たらなければ、行くかどうか。

 

結局全部申し込むのですが

 仕事的には、2と3が理想。ゴルフ的にもそうか。いろいろ見たいと思えば、1と2です。テニスも敗退する前であれば、たくさん選手が見れますしね。実はまだ購入予約をしていません。さて、どうなることか。

| | コメント (0)

2019/05/13

ニューヒロインは笑顔が眩しい

ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ

 2019年LPGAツアー公式戦の第1戦『ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ 』は、20歳の渋野日向子が通算12アンダーで大会最年少優勝を飾りました。スイングが大きくて、パターも上手。何よりもよく笑い、応援したくなる選手です。一気にファンになりました。自分もこれくらい笑いながらゴルフがしたいです。さっそくその晩、クラブを数本持って、練習場に行きました。ゴルフは楽しく、そして上手くいくように努力せねば。

 

オリッピックのチケット

 5月9日午前10時、2020年の東京オリンピック・パラリンピックの抽選申し込み受付がスタートしました。オリンピック期間は、ざっくり分けて3回週末があります。そのうち2回は、有給なんかを絡めて東京に行きたいと思っていますが、どうもこの抽選方法は、地方の人でいろんな競技を見たい私のような人には、あまりいい方式ではありません。つまり、最初に申し込めば、ほしいチケットだけ買うわけではなく、当選したものは全部買わなければなりません。ただ来年には、いらないチケットをリセールできる制度もあるとのこと。さて、どうしたらいいか。

| | コメント (0)

2019/05/12

第14回 ヴィクトリアマイルGⅠ

 GW中はもっと書けそうなもんだったんですが、NHKマイルカップの結果があまりにも憤慨で、悶絶だったので、部屋の片付けをしていました。ルメールも何あんな慌てたんだろうな。1年位騎乗停止でいいです。その後、船橋で激勝するところが、このジョッキーのすごいところ。阪神のルーキー木浪のように、連続エラーするくらい可愛げがないとだめだと思います。ちなみに、NHKマイルカップは、本命◎⑦グランアレグリア、対抗○⑰アドマイヤマーズに、ドン!でした……。

 

 さあ、そして今日のヴィクトリアマイル。久しぶりの絶叫でした。しかも、おじさんよろしく数字の連呼。「ヨン!ロク!キュウ!、ヨン!ロク!キュウ!」

 

 私の願いは届かず、馬連のみの的中。3着に⑥ラッキーライラックがきたら、3連複、3連単も的中できたのに。まあ、抑えで馬連買っただけでも成長ですか。

 

◎④ノームコア

○⑥ラッキーライラック

▲⑨プリモシーン

△②レッドオルガ

△⑪アエロリット

 

 さあ、これからプレミア最終節。マンチェスターの覇権を取られて久しいですが、調子に乗られるのイヤ。リバプールはプレミアリーグになって優勝できていないジンクスが破られるのイヤ。はあ、やっかみを持って最終節を迎えてばかりです。そんなチームを応援していたわけで無かったのになぁ。

| | コメント (0)

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »