« FRIDAYは色恋沙汰だけでいいのに | トップページ | 快挙!スマイリングシンデレラ! »

2019/07/31

お金の話はしっかりした方がいいよ

 吉本興業のギャラ問題で吉本の肩を持つ人の中に、劇場などの仕事を提供できる箱を持っているから、その投資の文だけ安くて仕方ないという論理を耳にします。それは、劇場出演のギャラが安い理由になっても、営業やテレビ出演のギャラが安い理由にはならないんですが、これってけっこうまかり通っているんですよね。

 

 かつて、能年玲奈が売れてもギャラが凄く安くもめたことがありましたが、事務所に対して擁護する意見が多く驚いたものです。それはデビューするまでの生活費などを補助しているからだということですが、それは原石を見つけて大金を得ようとする事務所にとっては、当然の初期投資であるべきなのに、あまりにそれが語られないのがおかしい。

 

 どの企業でも初期投資は何にでもあります。農家さんなんて、収穫してなんぼです。

 

 吉本興業の話に戻すと、劇場があるということで、機会の多さに魅力を感じて芸人が集まるという構造はあると思います。ということは他事務所より、優秀な(この場合面白い)人が集まるんだと思います。良質な芸人が集まることになり、ブランドとなっているんだから、ギャラが安い理由には一般常識で考えるとありえないはずなんですけどね。

 

 ギャラの取り分が変わって吉本が傾くと思っている人ってどれくらいいるのでしょう。今回の一連の騒動で思ったのですが、どうして人はわかったふりして搾取する側の肩を持つんですかね。我々のような貧乏な人ほど、たとえ無理筋でも雇われる側の味方をすればいいのに。馬鹿なくせにわかったふりをしたいのか、性格が悪いのかって思っちゃいます。

 

 お金の問題と反社会的な人らとの話は別だという人もいますが、どちらかというと後者はいまさらどうでもいい話ですよ。反社だってわかっていたら別ですけどね。

 

|

« FRIDAYは色恋沙汰だけでいいのに | トップページ | 快挙!スマイリングシンデレラ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« FRIDAYは色恋沙汰だけでいいのに | トップページ | 快挙!スマイリングシンデレラ! »