« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

2019年9月

2019/09/29

第53回スプリンターズステークスGⅠ

 色々毎週遊んでいますが、G1シリーズが始まりましたので、競馬の予想をします。夏競馬は、函館でいい思いはしましたが、札幌は全くだめ。幸いあんまり馬券は買っていなかったんで、普段の夏より良かったかなという感じ。さて、今週のスプリンターズステークスはけっっこう自信があります。川田に乗り替わって、安心して買えるようになりました◎②ダノンスマッシュ。枠もいいし、右回りにもなり、高松宮から比べても悪い要素はありません。

 対抗は⑨ディアンドル。牝馬が相性がいいレース。ノーザンファームが誇る快速娘が相手筆頭。単穴が①アレスバローズ。インをついて一発穴をあけてもらいたい。馬券の本線は馬連で。

 

◎②ダノンスマッシュ

○⑨ディアンドル

▲①アレスバローズ

△⑦モズスーパーフレア

△⑧タワーオブロンドン

| | コメント (0)

2019/09/17

あなたの番です ネタバレほぼなし

 リゾート地、招待状、仲間との旅行。「ああ、誰かが死ぬな」って思えるくらい、ミステリーにはベタすぎる要素がトマムに行くには揃っていました。ビクビクするには理由があって、「あなたの番です」を詰め込みで見たため9月6日夜、世間で話題になっていた「あなたの番です」がhuluで一気に見れることがわかりました。良質なミステリーならば私もみんなと一緒に推理したいということでイッキ見をすることにしました。なんと2クールかよ。

 

 見始めてびっくり。すっかり引きこまれ、23時から混始めて翌朝7時半まで9話分を鑑賞。残りも土曜日のうちに余裕で追いつきました。テンションがあがり、みんなに推理をラインするも、「そんな昔のこと覚えてない」とか言われちゃう。そもそもこんな面白くなるとは思っていなかったと。そりゃそうだよなと納得してしまいました。

 

 だからこそイッキ見した私から感想。伏線がほとんど回収されていて気持ちよかった。一方で、回収されてないなと思われた、あの婆さんも最後に出てきて、物語の最後に貢献。賛否両論とか言われていますが、そんなのほっておけばいいです。もっとクリエーターに敬意を持たないと。なぜ、あんなマンションが防犯カメラが無いのかとか、オートロックで無かったり、動機に無理がある人がたくさんいたりとか、そんな考えは野暮野暮。続きがあるなら私は歓迎ですよ。

| | コメント (0)

2019/09/16

さすが星野リゾート

 パソコンの部屋はエアコンが無いのが、更新が滞る大きな理由でして、ここ数週間の暑さはちょっとげんなり。例えば、出張のホテルの予約とか、旅行記とかがどうしても疎かになってしまってます。3連休を使って、ここしばらあったことをつらつらと。

 

トマム

 春に、石井スポーツの即売会的なものに参加した際、ちょっと声かけてもらったところで抽選をしたところ、トマムリゾートの宿泊券を当てました。それがメゾネット的なお部屋で4人位泊まれるということで、ゴルフ合宿も兼ねて会社の仲間4人と行ってきました。

 

 ゴルフ場がトマムから無くなったため、これまた行く機会のないサホロへ。狩勝峠の中腹にあるこのゴルフ場は、想像よりもフラット。コンディションも良好。ゴルフ場での動物撮影が楽しみな私は、鹿の大群に興奮。ミスショットして、ぶつけてしまわないか心配になりながらプレイ。住所的には新得に位置するサホロ。新得といえばお蕎麦。クラブハウスで食べた蕎麦はなかなかのお味でした。

 

 ラウンド終了後、風呂に入り、いざトマムへ。ここからトマムへはコンビニやスーパーは何もありません。タワーじゃないところに泊まるため、少々迷いながら到着は。2階建ての部屋と聞いていたが、泊まるところは5階。何やら不安を抱えながら部屋に入ると想像以上にびっくり。おしゃれな部屋は、5階と4階をぶち抜いた造りでメゾネットタイプ。大きなソファ2つとベットが2つ。キッチンも大きなお風呂もあります。ただ、無いのがエアコン。窓も開かず、これがないため、夜はうなされて寝ることとなりました。スキーシーズン向けなのか。

 

 最初行く前は、こんなとこに誰が行くんだろなんて思っていましたが、想像を超えていました。晩御飯を食べにビュッフェに行くと、かなりの人が。私達のあとに入る人は、少し並んだりしていたくらい。『森のレストラン ニニヌプリ』は、今までで食べた中でもベストと言っていいくらいの、美味しい料理ばかり。お肉フェアをしていたのですが中でもお気に入りは、店員もおすすめの骨付きラム。うますぎて3本もいただく。ビュッフェのデザートはいい加減なものが多いのが定番ですが、ここは小さいケーキの一つでもふんわりとしたスポンジ。プリンキャラメルは濃厚(これベスト料理)。 ソフトクリームもちょっと他と味が違う。この辺から星野リゾートの威力を感じる。リゾート的にちょっと誰でも来れない感じからか、私が苦手の食べ放題で汚い感じの人がいなくて、何よりそれが一番良かったりしました。

 

 食後は、あの安藤忠雄さんが設計した水の教会へ。幻想的な雰囲気に酔いしれ、今度は施設内を散策。タワーでお土産を見たのだけど、どれも洒落ていて、お金があれば何でも欲しくなる感じ。こういうときにもったいないと思い買うことができない自分がちょっと悲しい。その後、空間すべてが洒落なホタルストリート。焚き火の前でまったりなんかして、食後の散歩を、満喫。北海道に居ながらこんな空間があるなんて本当に知らなかった。隔離されたこのトマムは、従業員もほぼ住み込みと想像する。けっこうな人が働き支えていることに感動。

 

 翌日は雲海を見にゴンドラで上へ。雲海が発生しないことはわかっていたのですが、せっかく来たんで上へ。一通り「すごいなー」言いながらまわり、雲海ソーダを飲み下山しました。この雲海をとりまく色々もよく考えられていて、感心させられます。そう簡単に来れる場所ではないですが、本当に楽しいところでした。

 

 

| | コメント (0)

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »