函館旅行

2013/07/30

函館競馬場 馬券編 特別以降

函9R 下北半島特別
 ここで外したら、マイナスの世界。馬券を買う点数も少なくなり、弱気予想になっています。軸はもちろん、圧倒的人気の⑦ゴールデンムーンから3連複で4頭に流す。安いが連敗は3でストップ。もっと時間があれば1Rのように、3連単でいけたかも。3連敗であっぷあっぷとは苦しいですね。
 ◎⑨-○⑥-△③ 3連複830円的中

中京9R 有松特別
 ここから他会場も。本命を7番人気⑨シゲルササグリでワイド勝負。なんと予想通りシゲルササグリが抜けて、対抗⑬ラストインパクトも2着争い。取ったと思ったところ内から小牧⑪ファルスター。クビ差で8倍を取り逃す。ここからずっとこんな感じ。

函10R 駒場特別
 ここで大振りに出る。このあたりは記憶が曖昧で、半ばヤケになっていたのでしょう。3連単フォーメーションで。1着に据えた④は7番人気、⑩は4番人気で当たれば大きいぞ。そして11着に敗れたのだが、1番人気⑪イースターパレードを消している。
 ④⑩→③④⑦⑩⑬→③④⑦⑩⑬(計24点)
 しかし、結果は△△○の入線。「まあ、一日遊べたから」っていう言い訳もこのころから出てくる。正直プラスは無理だと思いました。

福10R 鶴ヶ城特別
 “なぜか”が続く。ここも3連単。1番人気⑦レギスから4頭に流す(12点)も不的中。本当に何を考えているかわからない混乱期です。

函11R 第49回 農林水産省賞典函館記念(GIII)
 かつては大荒れのイメージだったこのレースでしたが、最近は大振りは禁物と思います。そんな中、お金持ちの人から情報が入りました。「アンコイルドはここに向けて勝負らしいですよ」と。この人はかつて、札幌記念のロジユニヴァース、昨年の札幌2歳のコディーノなど色々関係者情報を教えていただいております。まるまんま乗っかるのもなんなので、3連複ボックス。消す予定でしたが、アンコイルドからなら妙味たっぷりなので、2頭軸でも数点流す。

 すると、トウケイヘイローがするすると独走態勢。なんと本命アンコイルドも突っ込んできた。△サトノギャラント、△トウカイパラダイスもいる。内からピンクの帽子はなんだ?アスカクリチャンはダメだ。「そのまま!そのまま!」の声が届いたように見えたが、結果はアスカのひと伸び。惜しくも55倍を逃してしまう。201302020411b


中京11R ジュライステークス
 1番人気タガノロックオンから流すも5着。これぐらい外すと、まあ納得いきます。しかし万馬券になった3連複ですが、タテ目でした。下手くそ。

福11R バーデンバーデンカップ
 中京と福島を塗り間違えて、タガノロックオンと同じ⑮から3連複を流してしまう。余分な馬券を買ってしまった。⑮エーシンジェエイワン頑張れ。本当の本命は◎⑥マイネルエテルネル。ここから3連複流し。これが的中。つくづく間違え馬券が悔やまれる。
 ◎⑤-△⑤-△⑬ 3連複5150円的中

函12R 北海ハンデキャップ
 オーラスは函館名物、北海HC。2番人気ヒルノドンカルロで自信があったのですが、10番人気レッドシュナイトの激走にあい撃沈。そもそもツレの帰る体制によく見れなかったのも不満でした。だから外れたんでないかと八つ当たりしたくなりますわ。ちなみに1着の馬がいなければ的中でしたのに。

トータル
 15戦4勝。回収率71%でした。控除率よりやや良かったので、悪くはないですね。間違え馬券が悔やまれるのと、アスカクリチャンにはやられました。

| | コメント (0)

2013/07/29

函館競馬場 馬券編 平場

指定席争奪戦
 朝の5時に起きて5時半に函館駅から競馬場へタクシー。細かいディテールは旅行記に書くとして、この時間でもけっこうギリギリって感じの席でした。いちお、最前列でアメマ予想を見るには適していました。

1R
 研究の成果を見せたいこの日。およそ3時間以上並んでいたため、馬券が絞れた1Rは幸先の良いスタートを決める。2歳未勝利のこのレース、⑨コスモエルデストが3番人気ですが、断然と予想。相手は1番人気④デンコウウノ。この両馬を1、2着に置いた3連単。おさえで⑨1着の④3着で流す。すると思い通りの展開で、コスモが勝利。対抗デンコウが入線。3-1-4人気の決着で5,230円的中。
 ◎⑨→○④→△① 3連単5,230円的中Img_0231

2R
 オダってここも3連単勝負。予想フォームは3連複だが、どちらにしても不的中でした。勝った⑤フリースペシャル(6人気)は無印。1着固定の⑧ライフトップガンはクビ差2着。2、3、4着で外れってやつですね。

3R
 武豊1番人気②レーヴイマージンが断然かと思われたこのレースですが、研究により、ここはタテ目もしっかりおさえる。これが功を奏し、3連複の中穴を的中。思いがけないスタートを切れました。
 ▲⑨-○⑤-△⑦ 3連複3,580的中

4R
 本命を⑦マイネルゴスホークか⑧リライブナカヤマで悩む。なぜか東京実績を取り前者を選んだがこれが失敗。△△○のタテ目決着。軸を間違えた典型例で、同じ外すにも2レースより悔しい。

5R
 この日一番の鉄板レースでしたが、常に買っているために資金投入は同じ。案の定の本命決着ですが、トリガミにならなかっただけ良しでしょう。
 ○⑤-◎⑬-△① 3連複1,740円的中 

昼休み
 アメマ予想を眺める。間寛平のいい人っぷりと競馬への愛情は伝わりましたが、予想を参考にする気はありません。
 P7143665_convert_20130728181853

6R、7R
 6Rは2番人気、⑮スリーベラミから流すも不発。
 7Rは一番難しいレース。馬連6頭BOXにするも、2着4番人気キャプテンサクラを抜けにして、不的中。一番痛いレース。

8R
 今思うとよくわからない勝負に出ました。3連複②③⑨1点勝負。3連単フォーメーション⑨→②③→②③の2点買い。ここまで不発だった武豊⑨もようやく人気に応え、2着に③がくるも②は6着。ここで貯金を全て吐き出したのである。

| | コメント (0)

2013/04/24

函館旅行計画③

朝市
 函館グルメで欠かせないのが、朝市での海鮮丼でしょう。7:00発のスーパー北斗に乗れば、10:30には朝市に入れる模様。この足で競馬場まで行けば、午後からのレースに臨めそう。逆に、土曜日を観光にまわして、日曜日に指定席を取りに函館競馬場っていうのも考え方かもしれません。このハードスケジュールも、3連休ならば月曜日を休養日に充てるってことも可能ですね。

ラッキーピエロ
 話が飛び火をしましたが、函館のグルメといえば、ラッキーピエロのハンバーガーでしょう。ご当地ハンバーガーで日本一に輝いた、言わずと知れたこのお店。まだ行ったことがないことが、道民として恥ずかしいくらいです。N2


 ハセガワストアのやきとり弁当は、競馬場に出張するとの噂があります。ラーメンやカレーの名店も数多くあります。朝食で有名のラビスタは当然予約は取れません。もっとも高価すぎて泊まれませんが。

 観光も色々ありそうですが、後日また書きます。

| | コメント (0)

2013/04/23

函館旅行計画②

移動
 函館まで、私の燃費が悪い車で行く気がしない。
 
 ・バス 往復8,340円 所要時間5時間20分
 ・JR  片道8,590円 所要時間3時間10分

 朝一のJRに乗って駅弁を食べながら、競馬新聞を広げるというのもなかなかオツなものかもしれません。一番この方法が疲れないでしょう。バスでは新聞は読めません。

グリーン車
 JRを調べていると、一度も乗ったことがないグリーン車という選択肢もあることに気づきました。グリーン車のいいところは、1列配列のシートがあるところ。割引切符を使い20,400円という立派な値段。しかし、昨年のビジネスクラスでの旅行で、移動の快適さに味をしめてしまったので、とても魅力的な選択肢となりました。北海道のグリーン車は評判がいいようです。ドリンクサービス、通過駅での駅弁の予約なんかがその要因だそうです。

予約
 めんどくさいことに、予約はひと月前からしか受け付けられない模様。先にがっちり形を決めたい私にはつらいところです。Tr003283


| | コメント (0)

2013/04/22

函館旅行計画①

土曜日
 今年は函館競馬場に行くことは、前から決めていました。しかし、いざ宿を検索してみると競馬開催期間の土曜日は、いいところのホテルは満室。真偽はわかりませんが、競馬のせいだとしたらなめていました。そんなところも考えながら、日程を決めていきます。

日程
 函館競馬場の開催期間は6月15日から9月1日まで。3連休は一度だけ。見るなら日曜日の重賞だと思うのですが、土日にするか、唯一の3連休に日月で動くか。土曜日に重賞が組み込まれているのは8月末。エルムSと札幌2歳はあまり見たいとは思わない。自分の正確では、旅行とスポーツ観戦(この場合競馬)がセットなので、先にメインをやっておきたい。8月の土曜重賞が面白くないとするならば、7月14、15日に決まっちゃう感じですね(現在の確率80%)。

函館競馬場
 ホームページを見たところ、立派なスタンドでぜひ指定席で見たいところ。しかし、前売りや予約販売が無いのが痛いところ。とすれば、土曜日に函館に入り日曜日並んで指定席という考え方もあるのか。館内の食事は期待できるのか微妙な感じ。『麺厨房あじさい』が有名どころか。そういえば札幌競馬場に名物があるかどうかっていえば、モツ丼くらいかな。開催期間は、イベントもやってそうなので、そちらに期待しましょう。ああ、楽しみだ。Pic_entry2


| | コメント (0)