ゲーム

2013/12/24

サカつく21年目

 サカつく、どっぷりハマっています。会社の人がシリーズ初だったのですが、すごく楽しんでくれているおかげで私も引っ張られます。アップデート後は変わりましたが、監督となるプレイヤーはノルマが課せられ、3冠を取ったにもかかわらず解雇になったりします。これのせいで6年目はユナイテッドに就任しました。

 しかしマンチェスターの日々は地獄そのもの。結果がまるで出ず、ホームゲームの度に観客を減らす始末。一年で元のクラブに戻りました。戻って間もなく獲得した19歳のクリスチャーノ・ロナウドがチームを牽引。チームに栄光の数々をもたらす。

 21年目の現在もロナウドは健在。真ん中に中山雅史、右にロイス、左にロナウド、トップ下にピクシー(育成失敗)、稲本とフレッチャーが中盤の底に位置し、最終ラインは長友、加藤九、今野、内田。キーパーはエディット。欧州はこれで連覇を重ねています。

 功労者の中には、秋田豊や戸田和幸、新井場なんかがいました。

 目指すシステムはハイプレスのショートカウンター。決まると鮮やかですが、なかなか選手が理解してくれません。もっとゲームに沿って進めれば強くなるのかもしれませんが、私の哲学でまだやりたいと思います。

| | コメント (0)

2008/10/28

チロ通クロスレビュー 2

 こないだ、wiiでテトリスをやりました。ホールドと呼ばれる、昔になかったような技も登場してすごく盛り上がりました。ハロウィンパーティーをやめてテトリスパーティーでもいいくらいです。なんか、ゲームしてばっかりです。雪も降ったことだし仕方ないです。お外で遊べません。

イナズマイレブン』 9点
 サッカー好きだけに、なんかこのふざけたゲームはやりたくなかったです。会社の後輩は、鳥山明先生の絵だと言い張っていましたが、違います。半分ネタで手をつけましたが、意外に面白かったです。まず、物語の設定がめちゃくちゃ。リアリティーとか抜きに潔さに感動を覚えます。主人公のおじいちゃんは殺され、仲間になる謎の転校生は妹が故意の事故で意識不明となり、その黒幕がライバルの学校で総帥って呼ばれている人というありえないストーリー。イナズマイレブンの世界はほぼ無法地帯。負けたら廃部っていう最初の試合では、20点くらい取られていたのに、相手が1点取り返されたから負けでいいよ、っていうおおらかさで勝ちが認められ存続。一度倒したライバル校から選手は引き抜ける。とにかくツッコミどころが満載で大人でも楽しめる。キャプテン翼を製作者側が意識したというだけあって、そのファンタジックな世界はすごく面白い。だまされたと思ってやってほしい。

ぷよぷよフィーバー2』 6点
 昔、おちっくすさんからセガサターンを買って、それでぷよぷよをやっていたことがあるのだけれども、こんな面白くなかったっけ。こういうのってやっぱり友達とやってこそなのかな。パズルゲームでもやっぱり大きいきれいなテレビでやるのがいいのかも。なんか画像も古く感じます。

最強 東大将棋DS』 7点
 将棋が好きだから7点。相居飛車で一方的に飛車先交換ができたり、同じ手を繰り返したりと変な部分があるけど、終盤の受けが異常に強かったりとバランスがおかしい部分は、しょうがないけど見受けられる。定石モードなんかあると、なおのこと良かった。千葉女流が読み上げなのはなんとなく贅沢だ。

地球の歩き方DS イタリア』 3点
 メーカーは、なんとスクエア・エニクス。DS創世期にできたゲームか。DSの機能をただ試験的にアイデアとして出して、それがあまり効果的ではないという典型的なものになってしまっている。町の紹介も軽く、地図も使いにくい。音声会話が出るも使えるレベルかどうかは疑問。紙媒体の長所を逆説的に教えてくれるものとなっている。定価で期待して買った人は本当に気の毒だ。

| | コメント (2)

2008/10/22

チロ通クロスレビュー 1

 先日、ファミ通のクロスレビューで史上最低の点数を『プロゴルファー猿』(wii)がたたき出したそうです。内容を読んだら、キャラが少なくステージも少ない。ゴルフゲームとしても駄目。散々な書かれようです。ゴルフだけに少ないほうがいいだろ、なんて冗談も言ってられません。

 今月はわけあってゲーム三昧でした。警察に2度も捕まらなければ相当お金が残ったのに残念でなりません。みなさま交通安全で。話は戻して、けっこう適当にゲームをやったのでクロスレビューなんかをやってみます。全部DSです。


テイルズ オブ ザ テンペスト』 7点
 わたくし初のテイルズオブなんちゃらシリーズ。戦闘システムはすんなり入ることができ、ストーリーもわりとさくさく系でテンポもよろしいが、アイテムや武器のところがいまひとつつかみにくい。さすが長く続いているだけのゲームです。内容は面白かったと思います。ラスボス勝てなくてやめました。

パワポケ甲子園』 7点
 これも初めてのパワプロシリーズ。内容はキャプテンとなった1年間で甲子園を目指すもの。マネージャーと恋が芽生えるかもということを耳にして、恋にかまける一年。野球もがんばったつもりだったけど、操作が下手なのも手伝って、なんと夏の予選は一回戦まけ。ゲームオーバー。シビアなゲームです。リベンジを誓って、秘策をもって2回目。秘策とは試合途中でリセットを駆使することです。しかし、勝利を手にしたものの選手の能力が落ちるという罠。やっぱりリセットはいけません。一年で終わりというくくりはちょい厳しいかもね。一年生とか別にどうでもいいもん。

狼と香辛料』 10点
 パワポケ甲子園で、恋が成就しなかったため、恋愛ゲームでなんかないかなって思って選んだのがこのゲーム。恋愛ゲームを馬鹿にしてはいけない。友達を集めて、その人の恋愛感を見るのにはうってつけで、けっこう盛り上がるもんだ。まあ、これは一人でやったのだが。商売をやりながら、少女の姿をした賢狼ホロを故郷に送り届ける目的のゲーム。途中、悪いやつらに襲われるのだが、心臓が飛び出そうなくらいドキドキ。このあとにも出てくるのだが、私には恐い系は苦手です。
 1回目は商売が楽しくて、故郷を見つけられずあまりいいエンディングではなかった。真剣にやったのだが、ホロとの関係もいまひとつ発展せず。2回目以降に商売の知識が引き継がれるため、やり込み感も満たしてくれる。2回目は、無事に親密度もMAXで故郷にも送り届けることができ、超満足。全エンディングを見るには、バッドエンディングも避けられないために、それほ辛いということで何度もいいエンディングを見ています。世界観がなんともいいね。実はこの原作のためにブックカバーを買いました。

ひぐらしのなく頃に絆 第一巻・祟』 5点
 すげえ恐そうなゲーム。セーブデータをタッチペンで選択すると、血の指紋が!もう、やめたくなる。最初の回想見たい場面で、ひたすら殴られる音を聞きテンションがた落ち。20分でやめました。それにしては低い点をつけるには理由があって、20分やって選択肢を選ぶ場面が3つくらい。んなんだったら本読みますよってところです。設定もなんとなく受け入れられないです。

| | コメント (3)

2007/01/16

真剣にゲーム

 3連休は300円(競馬で1万以上負けているが)、その前の週は400円で週末を過ごした私。すっかり節約生活が板に付いたようで。切り札の図書カードも1500円くらい残っているし、まだまだいける。引越ししたさいにはガッツリ欲しいもん買ってやるからな。

 節約生活の原動力はゲーム。GⅠジョッキー2006。おちっくすさんもやっています。何が面白いかは、なんいとも伝わりにくい。騎手としてとにかく騎乗していくのだが、その中でライバルとの対決あり、自分で馬を育成していくのもあり、恋もあり。レースをしていく中で、色々な条件をクリアしていけばスペシャル馬が出てくる。イメージは三国無双の武器みたい感じ。その条件は100を超える。せっかくここまでのめりこんでいるので、我が騎手人生をご覧あれ。

続きを読む "真剣にゲーム"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/10/30

G1ジョッキー4 2006

 車検、保険の更新これが終わればローンのない生活が待っています。今回のボーナスはこっちにまわるので、しばし節約生活。引きこもるためのアイテムとして新しいゲーム。会社に入ってきた競馬ファンにより、久しぶりに競馬根性が燃え上がります。火傷しないように競馬ゲーム。買いました、”G1ジョッキー4 2006”。

 たぶん2002以来買っていません。なんか操作方法も大きく変わっていました。リアリティーを追求したものだそうですが、私は旧態依然の操作方法を選びます。なんだよ、見せムチ、手前って。難しくするんじゃねぇって。

 レースで学ぶのが私のポリシー。説明書を読まずにプラモデルを作りたいメンタリティー。説明書は見ますがね。ゲームレベルは、EASY。イージー、イージー岡部幸雄。E爺。ニックネームはジーパン。山さん風に「ジーパンッ!」と私が言いたいがためにつけました。厩舎は一匹狼、栗東中田厩舎。私の動物占いも狼。グラサンで広島弁の名物厩舎。シリーズ初所属。

 競馬学校を主席で卒業。初勝利は3月3週目3歳未勝利、トキオレジェンド。先行馬は乗りやすい。追い込み馬で結果が残せず、いつもどやされる毎日。得意な調教は、坂路ラップ指定。4月に新馬を担当できるようになる。グラスなんとかにアドマイヤムーン(?)をなぜか種つける。名前はムーンからインスピレーションを受けてシンゲツメンに。調教とか育成とかめんどくさくなってきたが、レースは面白い。

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2006/03/30

不安

 ネットの便利さに惹かれて、サカつくの最新作を購入したんだけど北海道は一日到着遅いとは……。しかも仕事は暇だったのに。しょうがないから、2ちゃんねるで評判を見てみたが、なんとも酷い。ただのアンチが騒いでいるとは思えません。最大のネックは、試合を飛ばせれないところでしょうか。これは相当キツイ。

 前作は、わりと評判が良かっただけに期待もしましたが残念。今も現役で遊べているところが、その証拠になるでしょう。そんなにクソなら、前作をまだ続けようかな。世界1位になれたばかりだし、ベッケンバウアーも獲得したことだし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/24

欧州版 サカつく

 サカつくの新作、『プロサッカークラブをつくろう!ヨーロッパチャンピオンシップ』が3月29日に発売されます。今までサカつくの要素をそのままに、舞台をヨーロッパにというところでしょうか。今から本拠地をどこに置こうか等々楽しみです。たぶんロンドンかな。

game_122_03s3秘書がいない!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/01/23

メルボルンと異世界の往復です

ドラクエを借りる前に24のⅡシーズンを全て見終わらそうとしましたが、最後の2時間、つまり12巻目はプレステ2と相性が悪いみたく読み込めませんでした。バウアーの不死身っぷりに苦笑いです。思ったのですが、物語の中で矛盾を感じたら感じたで、あとでその矛盾を一掃するような全てがひとつにつながるような何かがあるのじゃないかと期待してしまうものですね。

ドラクエ始めましたが、どっぷり浸かっちゃいそうです。思っていたより動きやすいです。最初は走ることを知らずに、なんて遅いゲームなんだと苛々していましたが。でも、リアリティーのためなのでしょうが歩くなんて最初からいらないんじゃないのかな。今はテニス見ながらここを書いていますが、ドラクエやりたい自分が悲しいです。

それでも、郵政の問題、ブッシュ、人権問題やら、テニス、たこあげ(謎)などなど、書きたいことはたくさんあるのですが、下調べの手間を惜しみまくっているので日の目に出ないかも。
当分、全豪とドラクエに私的な時間を費やします。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/01/16

気分は育てゲー

ちょっと体に異変が起こってしまい、書こうとしていたこともすっかり飛んでしまったしだいでございます。ハハハ。笑うしかないです、アハハ。これじゃあ何がどうかわかりませんが心配しないでください。病院にいけば直るものですから。ナハナハ。だから日記調でやらせていただきます。

nabe-chanのブログでウイニングポストにはまっているとあったので私も対抗してダビスタ04を久しぶりにやりました。昨年の5月7日以来。4月末くらいの発売だったから我ながら飽きるの早すぎです。でもこのゲームって対戦相手いるか、強い馬ができない限り、ものすごーく単調なんですよね。

名前をつけるのも楽しみのひとつですが、これが世相を反映するもので昨春につけたのを見ると『ハローワーカー』なんて名前を見つけ当時のすさみっぷりを垣間見て微笑ましくなってきます。馬名は基本的に雑誌から拾うっていうスタンスなのですが、牝馬はなかなか相応しいのが難しい。パシッとくるのがあってもそれが走るとは限らないからなぁ。そのあたりのジレンマは実際の馬主もあるのでしょうね。

しばらくは金がないので自宅でのんびりゲーム三昧です。新作買う余裕も当然ながらありません。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2004/11/11

コンセプトはサイドアッタック

私にとってゲーム(いわゆるテレビゲーム)は、何もかもほったらかしさせるようなものである。それでも自分は、たぶんゲーマーに属さないはず。年に3本くらい買うのかな。ゲームに、はまっているときは自分でも堕落しているのがよくわかる。でも何も考えないでいられる「良さ」にすがりたくなる時が年に何回かある。

今やっているのは、サッカーファンやサッカーゲームファンをとりこにしているシリーズ、ウイニングイレブン8。飽きさせない理由は、クラブに選手を集めオリジナルのチームを作っていくマスターリーグにある。私もまた然り。前作はやっていないからわからないけど、今あるチームを基礎として選手の入れ替えをできるようになったのでマンチェスターUでやるのはサムイなって思い、生で見て古典的なイングランドフットボールにある種の感動を覚えたボルトン・ワンダラーズにした。今は原型を留めていないが。年齢による能力の増減があるため若い選手を取りたいため、過去の選手が入っているところがちょっと照れるが現在のベストイレブン。( )内は控えです。

システム4-1-4-1
FW
ファン・バステン モリエンテス)

MF
中村俊輔 (オコチャ)
フリット (スナイデル)
ホアキン (エベルトン)
ダフ (ロベール)
シャビ (ジェラード)

DF
マルディーニ (テリー) 
キブ (中澤)
ハント (ハーグリーブス)
マクスウェル (三都州)

GK
フレイ (チェフ)

we8_pack2.jpg我が友ジーコが表紙です

| | コメント (3) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧