POG

2012/05/23

馬券がさっぱりなので

◆POG復活
 POGとはペーパーオーナーゲームの略で、架空のオーナーになって獲得賞金を競うというものです。毎年のようにやっていましたが、2006年を境に完全撤退。ヴィクトリーを指名したのも喜んだ覚えがありません。2歳馬情報に強くなるためにも、参加することが大切かなと思います。

ひとりPOG
 友達がいないので、ネット参加型が理想ですが、もちろん無料が条件です。本を買えば参加できるという程度の縛りでもOKです。とりあえず、いくつかのサイトを調べてみました。

【サラブレPOG2012-2013】
 雑誌上では一番有名かもしれません。全て異なる種牡馬で5頭。重賞以外は1着しか加算されないポイント制。優勝商品は、プレステ3かwiiかタブレットPC。ポイントの動きが少ないのでジリジリとしそうです。

【UMAJIN POG】
 通常モードと地獄モードがあり。通常は既走馬は指名できない10頭といたってシンプル。面白いのは地獄モード。2歳リーディングサイアー上位15頭、新種牡馬の種付け頭数上位5頭、からは指名ができないのです。どちらも優勝賞金が5万円。

【netkeiba POGダービー】
 もっともオーソドックスなPOGでしょう。5着までの賞金1万分の1をポイントとして、デビュー前日までに指名。10頭。優勝商品は10万円の商品券。

【最強のPOG】
 競馬最強の法則のPOGです。優勝賞品にジョッキーの直筆サインものと1万円のクオカード。ルールは普通。

| | コメント (0)

2006/11/05

ヴィクトリー

 期待で指名したコンゴウさんがさっぱり走らないし、集計とかもめんどくさくなっていまひとつ盛り上がっていないPOGですが、今週は期待のヴィクトリー(音無厩舎 父ブライアンズタイム 母グレースアドマイヤ)が出走します。半兄にリンカーンの良血です。当たりならかなりのものですが、クズなら目もあてられなそう。

 馬券は②を頭にして、①⑤⑨⑪に流します。頑張れ豊。

 それにしても、ヴィクトリーはジークフリードを超えるくらい俗な名です。自分で勝利ってつけますかね。この例えわかる人少ないだろうなぁ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006/08/06

第38回 函館2歳ステークス(GIII)

 函館オーラス、早くこいこい相武紗季、函館2歳Sです。私のペーパー、コンゴウダイオーが出走します。この馬は、アクセスを伸ばしてくれた馬でもあります。もはや2敗ということで、世間の期待がガタ落ちですが私はこのメンバーならなんとかっていう気もしなくもありません。対する相手方のインパーフェクト。現在、僅差の2番人気です。距離が短いと思われたラベンダー賞できっちり勝ちを収めてきたところに怖さを感じます。逆にこのまま短距離馬であってもらいたいところです。それにしても、エイシンイッテンの取消が痛い。もうこの時点で愛馬が負けると考えているのが情けない。

 今回テン乗りの柴山騎手曰く「馬っぷりの凄さが印象的。ただ気性がおっとりしていてハミを取ったり取らなかったり。何とかやる気を引き出したい。」とのこと。なるほど、秘めた力を爆発させてもらいたいものです。インパーフェクトは岡田総帥が「バルクと並ぶ素質がある」と評しているだけに、強気にはなれないですけどね。

●コンゴウダイオー 牡 栗東 山内厩舎
  父 Fasliyev
  母 Bonita
 馬主 金岡久夫
 中央収得賞金 810.0万円

●インパーフェクト 牡 道営 田部厩舎
  父 ナリタトップロード
  母 ブルールミナール
 馬主 岡田繁幸
 中央収得賞金 1617.5万円Hr0605114

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/10

ドラフト

 ワールドカップ期間は、チロステーションは日刊です。もちろんサッカーばかりの毎日も面白くないですが、ネタに困らないはずなので日刊にこだわりますよ。6/29ぐらいに500号になりそうです。おかげさまで~~っていうアプローチしか思いつかないので、スルーする予定ですが。

 ここで新カテゴリー追加です。『POG』を入れます。ペーパーオーナーゲームの略で、架空のオーナーになって獲得賞金を競うというものです。馬券を買わずに競馬と親しむことができます(これがいいかどうかはわかりませんが)。デビュー前から馬を覚えれるという、二次的効果も見込めます。狙いをつけていたことにより、思わぬ穴馬券を当てれる三次的効果はどうでしょう。逆に思い入れが強くて、外すというロジックが浮かびます。

 本日、そのドラフト会議がありました。友達が少ないゆえに、たった二人の争いですが多少の駆け引きはそれでもあるものです。昨年は、私が惨敗しました。

1位 アステリオン    牝 (フレンチデピュティ×フサイチエアデール) 松田国
2位 アドマイヤオーラ 牡  (アグネスタキオン×ビワハイジ)      松田博
3位 グレインアート  牡  (スペシャルウィーク×ミルグレイン)    戸田
4位 コンゴウダイオー 牡 ( Fasliyev × Bonita )          山内
5位 マイネヴェロナ  牝 (スペシャルウィーク×ダイワジュリエット)  堀井
6位 ヴィクトリー    牡 (ブライアンズタイム×グレースアドマイヤ) 音無
7位 Matikanehamatidori04 牡 ( Danehill×Matikanehamatidori ) 藤岡健
8位 ソウルオブジャパン 牡 (カリズマティック×スカラシップ)    友道
9位 ビッグラガー   牡  (タニノギムレット×アルーリングアクト) 中尾正
10位 アルヴィス  牝   ( Mr.Greeley×Extraterrestral )    角居

 相手とは競合なし。多少気になったのはマルカシェンクの下と、道営田部厩舎のインパーフェクト(父ナリタトップロード)くらいですか。機会、というよりも気力があれば後日載せます。とにかく私のラインナップは、速攻系でまとまっています。マチカネハマチドリぐらいがちょっと遅そう。ダービー候補はヴィクトリーです。函館2歳はコンゴウダイオー、ビッグラガーで小倉2歳あたりをいただきます。スカラシップは毎年取っているゆかりの血統。今度こそ走ってくれ。大崩がなさそうだぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)